体験するとハマります!「原石磨き」図鑑で石を磨く工程ご紹介!

こんにちは!イトウです(^J^)

今回は、前回ご紹介した「原石磨き」の中身の遊び方?(工程)をご紹介です。

実際、どんな感じで磨いていくの?という工程を、子供でも削りやすい「フローライト」の石でご紹介していきたいと思います!

「原石磨き」、中身の石はこんな感じで磨いていきます

今回の図鑑には、石が2種類、やすりは金属のものと紙のものが入っています。

やすりは「金属やすり」→「紙やすり」の手順で行います。

(※余談ですが、すぐにピカピカにしたい!と思って、最初から細かい刃の紙やすりでやりがちなんですけど…

よくよく考えると当たり前なんですが、デコボコが大きいものには大きい刃を、中くらいには中くらいを、小さくなったら小さい刃を・・・
と順を追ってやすりをあてていかないと、まったく磨かれていきません。

目には目を、刃には刃を・・・といった感じでしょうか?(ちょっと違うかもしれませんが)

私はせっかちなので、いきなり細かい紙やすりで磨き始めて「全然磨かれない!Σ(゚д゚lll)」と焦り、
コーヒーを一杯飲んで落ち着いて考えて、やっと「あ!」と気づきました・・・)

本当にキレイになるのかしら…?と思うくらい、最初は表面が白くボコボコしてます

水に濡らすと、白い部分が鏡面効果でキレイに見えるのですが、しばらくすると乾いて元に戻ります…

人にもよるそうですが、今回は、石を濡らしてから やすりがけをしました。

濡らしてやすりがけをすると、削った粉が水に溶けて舞わなくなるのでオススメです。

あと、削っていると、摩擦で熱も発生して、石によっては割れやすくなってしまうこともあるようです。
水に濡らしてから削ると、その心配も減りますね!
(フローライトが水に弱い石ではないのを知っていたので、今回この方法をとったという点もあります)

では、まずは金属やすりを使ってガリガリと・・・。

※思いっきり力をいれなくても削れるので、様子を見ながら力加減を調整してみてください(^O^)/

押し引きするよりは、一定方向に押すを繰り返して削るほうが、いい感じに削れます

一定方向をやり切ったら、今度は違う方向で…と繰り返していきます  金属のやすりは、平面だけなら、写真のように「平」1本でも大丈夫です。

表面のデコボコで「平」だと刃が入らない場所などは、当てる面積や角度で、他の形のやすりを選びながら使うとやりやすいです。

だいたい20分位、金属やすりで磨いた写真 最初の写真と見比べてもだいぶ削れてます!作業が 早い人はもっと早いと思います・・・!

 

 

削っては面を触りながらまた削っては・・・を繰り返していると、感覚的にですが、「あ、このやすりだとここまでかな…?」という時がきます。

無心で黙々とやりながらこの変化を指で味わうのが楽しいのですが笑、このタイミングが来たら、今度は紙やすりに変更です。

紙やすりは、目が粗いのと細かいのがあります  まずは粗いほうからかけていきましょう(やすりの面を触るとすぐわかります!)

入っている紙やすりは、全部を使わなくても楽しめるので、使う分だけに分けて使うのをおススメします。

その場合、紙やすりは紙みたいに折れるので、今回は、手で折ってちぎって使ってます。
ハサミなどでもカットできますが、紙やすりの表面も刃なので、ハサミの刃を痛めちゃうかも…

なので、個人的には折って切る方法がオススメです。

金属やすりの時と同じように、黙々とやすりがけをしていきます・・・コツは金属やすりの時と同じです!

表面が平たくて固い物(かまぼこ板などでもいいです)などを土台にして、その上に紙やすりをのせて固定して石を削ったほうが、作業がしやすいです。

今回は手持ちがなく、ベランダの床に直において削りましたが… 粉を含んだ水が床について、あとあと掃除が面倒でした…T_T

荒い紙やすりはここまでかな…?のタイミングで、細かい刃の紙やすりにチェンジし、途中、粗いのと細かいのを黙々と交互に繰り返すこと、約30分…!

ついに・・・!

「自分で石を磨ける感動」をぜひ!その手で感じてください!

表面、かなりツルツルに!さわり心地なめらか〜( ̄∀ ̄) … 写真では触らせられないのが残念…T_T

おお!自分の手でここまでキレイに磨けるんだ!!!


これ、体感(体験)した人しか分からないのがもどかしいのですが(。-_-。)、かなりの充実感と感動です!

自分の手で出来たので、美しさの感動もなおさら!(о´∀`о)

100均さんのLEDライトを下から当てた写真   キ、キレイ!と思わず自画自賛(笑)

まるで神秘の洞窟のような顔を見せてくれるフローライト…

石好きの方にも、石の新たな楽しみ方を教えてくれる体験雑貨となっております。

 

 

石を自分の手で削る、磨く、という体験は、普段の生活の中ではないですし、なかなか簡単にできるものではないです。

でも、出来ないと思っていたものが出来ちゃう!この体感はかなり楽しいです!
まだ体験したことのない方には、ぜひお手にとって、このおもしろさを体感してもらいたい!
と思います。
どこかで目にしたら、ぜひ一度手にとってみてくださいね!

ちなみに水晶はフローライトより硬いので手強いです!石が白いため、写真では分かりにくく省きましたが、こちらは約1時間半ちょっと磨きました フローライトと同じく表面がツルツル!さわり心地が気持ちいい(^-^)!

次回は、一緒についてくる図鑑の説明や、自由研究に使えそうな提案もご紹介できたらと思っています!

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

※ゴールデンウイークのお休み時や、これからの夏休みの自由研究にもピッタリ!の触れる図鑑シリーズはこちらでもご購入いただけます!

触れる図鑑シリーズの商品ページはこちらです

↓クリックで商品紹介ページにジャンプします!

zukan
触れる図鑑のお買い上げはこちらで販売しています。

触れる図鑑の仕入やお取引ご希望の企業様はコチラ

【お取引ご希望、OEMのご相談など、企業様のお問合せ先】
株式会社ライブエンタープライズ 雑貨事業部
03-5928-3109
ishioroshiya@fork.ocn.ne.jp
(※こちらは業者様専用です)
(※メディア広報関係者のお問い合わせもこちらからお願いします。)