遊びから学べる!自由研究にもなるよ!(「紙ヒコーキ図鑑」編)

こんにちは(^J^)イトウです(^J^)

さてさて、前回は、紙ヒコーキ実際に折ってみた!を通した中身の簡単なご説明・・・
今回は、紙ヒコーキ実際に飛ばしてみた!のお話です。(おまけみたいなもんです(^_^;))

前後半ともに、「紙ヒコーキ図鑑」で、これから折ってみようかな?手に取ってみようかな?という方の、
ぜひご参考にしてもらえたら!と思っています(^o^)丿

 

飛ばすとあらためてよく分かる!形の違い、角度の違い!!!

今回、いくつかタイプの違う紙ヒコーキを作って飛ばして、改めて思ったこと・・・

楽しいのは当たり前なのですが、紙ヒコーキは、空気(風)の受け方で随分と違うということ!

 

例えば・・・

スカイキングは、なぜ滞空時間が長いのか?
同じ「滞空型」のウイングエースとなぜ飛び具合が違うのか?

両方飛ばしてみると、違いがよく分かるんです!

折る前の説明にもいくつか書いてはあるのですが、
実際に自分で折って、実際に自分で飛ばして解説を読み返すと、本当によく分かります!

例えば、翼の形などだけではなく、スカイキングでも使っている「戸田ロック」などにも、
その秘密があったりします。

他にも、例えば・・・
いかに機体の形にあった微調整をするか?なぜスカイキングとコンコルドは飛び方が違うのか?

これも両方、ベストな飛び方を体現することで、それぞれがなぜこの形になっているか、
理由がよく分かります。
垂直尾翼の位置がなぜその形になっているのか?翼の面積や角度でまた随分と変わってくる!

すべり台などの髙い場所から飛ばすと、飛び方もまたしっかり研究できたりもします!

こういうことも、自分で作った物から体現して、新しい発見ができるのはうれしいですね!!!

 

ちなみに、外で飛ばす場合は、なるべく広いところで・・・ ワタクシは木にひっかけました・・・

ハマりすぎて、午後から3時間ほど飛ばしてました・・・

気がつけば、すっかり夕方・・・

あとで気づいたんですが、結構写真映えします(^J^) 結構お気に入り(^J^)

ここまで頭を使って楽しめるとは・・・

いや~・・・本当に奥が深いです!(^_^;)

 

紙ヒコーキ作りは、実際の航空力学に繋がって学べることも非常に多いのが特徴です!
ただ楽しむだけでなく、色々と頭を使って楽しめる「触れる図鑑」ですので、ぜひ一度手にとってみてくださいね!

 

いや~・・・しかし、大人になっても紙ヒコーキ作りをこんなに楽しめるとは・・・

本当に満足!(笑)

 

 

※夏休みの自由研究にもピッタリ!の触れる図鑑シリーズはこちらでもご購入いただけます!

触れる図鑑シリーズの商品ページはこちらです

↓クリックで商品紹介ページにジャンプします!

zukan
触れる図鑑のお買い上げはこちらで販売しています。

触れる図鑑の仕入やお取引ご希望の企業様はコチラ

【お取引ご希望、OEMのご相談など、企業様のお問合せ先】
株式会社ライブエンタープライズ 雑貨事業部
03-5928-3109
ishioroshiya@fork.ocn.ne.jp
(※こちらは業者様専用です)
(※メディア広報関係者のお問い合わせもこちらからお願いします。)