ツバメ舞う 5月東京の空

(※6/6追記:先日、ツバメの巣の件でニュースにもなっていましたね・・・
見る、感じる人の視点によって変わってしまうのでどれが正解ということはきっとないんでしょうけれど、せめて、もし可能ならば、ヒナが巣立つ数カ月だけは、優しく見守っていただけたらなぁ
と思います・・・(*´・ω・)(・ω・`*))

 

つい数日前から、会社の近くでツバメが飛ぶ景色が見れるようになりました。^_^

東京都心ではなかなか見れない、なんてことも聞きますが、まだ見れるんだと思うと、
ちょっとホッとします。

ツバメ、姿や飛び方が分かりやすいこともあるかとは思うのですが、
意外と人々にとって馴染みが多い鳥。

でも、ツバメは実は渡り鳥だって知ってました?
基本、暖かい季節にしか見れません。
夏が終わる頃にはフィリピンなど、暖かい国へ向かって飛んでいきます!
そして春から少し暖かくなる頃、また戻ってきます。

ツバメの巣は、屋内の駐車場の上壁や軒下など、意外と人の目につくところにあるので、
目にしたことがある方も多いかと。

というわけで、ひとつご提案!
夏の自由研究ネタを今から探したい!というご家族の皆さん!
例えば、ツバメの生態や、巣が見つかるようであれば、観察日記などやってみたらどうでしょう?

野生の動物がどんどん大きく成長していく姿を定点観察させてもらえる機会って、
そう簡単にはないものですから!

大人の今になって思うのですが、小さい頃から自然や生物と関わっておくのって、
とても大事な気がするんです。

私はあまりなかったほうなので…今、とても後悔を痛感してます…(。-_-。)

文明も生活も発展して、ついつい奢りがちな「人」という存在も、
地球の上でひとつの命の存在で、色々な生物が関わって生きられるということを、
大人になっても忘れずに生活してくれる気がします。(ちょっとかたいかな…?(。-_-。))

動物も植物も虫も、皆さんが住んでいる場所にもよりますし、
人や場所によっては益と扱われ害と扱われることもあるようですが…
(どんな動物も人さえも、見ている視点で色々変わりますものね…どこかでこの話も書いてみたい…)

でも、全てにとって無駄なものって多分ない気がしますし、
なるべくみんな共存して、仲良く生きていければなぁ

そういうこと、例えば、別の生物の生き方から命のあり方を学んでみるのも、ひとつ大事な気がします。

ツバメの話からかなり飛躍しちゃいましたが(笑)

 

 

こんなのあったら面白い!というご意見あれば、ぜひお待ちしてます!(o^^o)

【※色んな意見、いつでもお待ちしてます!】

e-mail:ishioroshiya@fork.ocn.ne.jp

触れる図鑑のお買い上げはこちらで販売しています