つかめる水をつかんでみました 後編

=ギフトショー=

 

さあ・・・

自信はあるが一抹の不安。

独りよがりだったらどうしよう・・・

 

 

 

 

えいっ

 

 

 

 

うおっ!?

2016年春のギフトショーの様子 ギフト2

大賑わい!

 

 

やった!これ売れるぞ!

耳つぼやジュタドールの時に匹敵する反響!

成功だ!

 

よしっ、反応はいいので、前注文を取らなきゃ。

 

 

 

 

○いらっしゃいませぇ

 

へえ、これ面白いね

 

はい!つかめる水という商品でして、夏工作や自由研究にもぴったりで。アカデミックな雰囲気もあるので、不思議実験キットとして親御さんの財布の紐もゆるくなります。

 

何個から買えるの?他条件は?

 

はい!出荷ロットは6個なので、最小でその数で販売させていただきます。ただ1商品では売り場で存在感を出せないので、同じシリーズのこちらも併せて6商品展開はいかがですか。その他条件はこんな感じです。

 

(ふっふっふ。いきなり複数アイテムの導入を決めたゾ)

 

 

 

○いらっしゃいませぇ

 

つかみたい!すごいインパクトのある商品名ですね。

 

はい!この商品はですね(カクカクしかじか・・・)

 

へえ~!ありがとうございました。ま、あたし個人的な興味で来ただけなんですけどね。

 

(しばくぞオメェ!)

 

 

 

○いらっしゃいませぇ・・・あっ、田中さん!お世話になっております。

 

玉木さんお久しぶり。なんですかまた、売れそうですねこれ。つかめる水ですか。玉木さん考えたの?

 

えへへ、はい。反響の大きさに驚いてるんです。

 

いいね。OEMもできるよね。

 

はい!部材の最小公倍数はちょっと多くて1万です。粉末を充填するミニマムがそこなので、フルOEMの場合はミニマムも経済ロットも1万になります。

パッケージのデザインはウチのプロパーのデータをお渡しするので、いじってお戻しいただければ簡単にできます。

 

アミューズメントもイケるよね。じゃ商品が固まったらサンプル持って商談に来て。生産数は考えとくから。

 

ありがとうございます!

 

(ふっふっふ。この人の注文はでかいんだ)

 

 

 

○いらっしゃいませぇ

 

おっ!雰囲気あるな。

 

ありがとうございます!この商品はですね(カクカクしかじか・・・)

 

いいね。今日実際に実験はできないの?残念だな。

 

ああっ、申し訳ありません。粉末の余りがなくて。確かに仰るとおりですね、すいません・・・

 

客を捕まえるなら、できることは全部やった方がいいよ。

 

はい、勉強させていただきます。

 

ま、俺全然違う業界の人間だけど。

 

(マジでしばくぞオメェ!)

 

 

 

こんな感じで、感謝と殺意に満ち溢れたギフトショーは、盛況のうちに幕を閉じたのでした。

ご来場下さった皆様のうちお買い上げいただいたお客様、本当にありがとうございました。

お客様への感謝の気持ちを、モノ作りのエネルギーに変えていきます。

 

 

 

さあ・・・本生産

 

 

 

 

 

 

=生産=

 

各営業からの予測受注数、自分の受注予測数・・・うおっ、こんなに!?

アルギン酸とカルシウムの粉末の生産、間に合うかな・・・

粉末のメーカーさんに連絡しよう。

 

 

 

玉木 「お世話になっております、ライブの玉木です」

 

奥田 「お世話様でございます」

 

玉木 「奥田さん、結構反響が大きくて、こんだけの数の粉末を注文したいんですけど」

 

奥田 「玉木様おめでとうございます。玉木様の着想による作品との事でしたが、弊社内でも「さすが!」の一言で感心しきりでした」

 

玉木「・・・・・」

(この人大企業の営業だから、態度も言葉使いも服装もすごいキチンとしてるんだよなあ。だけど俺相手に「様」だなんて・・・。キチンとすぎてて、俺居心地悪いのう。

 

 

 

 

その他の副資材も作んなきゃ。

よっちゃんを怒らせないように仕様書を書いてもらい、入稿用のデータも仕上げてもらった。

それから外箱と冊子とブリスターを中国のビジネスパートナーに発注。

 

相手の中国人は「盧」さんといいます。

まずこの字、読み方は何?「の」なの「ろ」なの?しかも普通書けないし。

だからウチでは「メガネ」と呼んでます。

巨漢・肥大漢・大食漢・好漢で、痛風を患う子煩悩なメガネ男です。

 

 

 

 

国内で発注するものは発注し、内職工場と生産の打ち合わせして、順調だな。

あとは・・・

そうだ。一人手を打っておかなければ。

 

 

玉木 「すごい反響だよ、これ売れるよ絶対」

 

井上 「はい、あの、よかったですね」

 

玉木 「あれ、そう言えばイノ・・・元々これ誰が考えたんだっけ」

 

井上 「はい、あの、あたしです・・・」

 

玉木 「なっ、何を言い出すんだ一体!?世間話の過程で出たものを俺が形にしたのだ!お前だとしたら俺はお客さんに嘘ついたことになるんだぞ!」

 

井上 「は・・はい、あの・・・すいません。でも・・・」

 

玉木 「黙れこわっぱ!お前なんかオリンピックのエンブレム問題で、最初に嚙みついてきたベルギーかオランダのデザイナーと一緒だ!売名行為なんだよ!」

 

井上 「はい、あの、すいません」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長々とお読みくださり、ありがとうございました。

お陰様で良い商品ができました。

まだ生産途中で在庫は薄いですが、6月上旬には大量に入荷する見通しです。

店頭に並ぶのは6月に入ってから徐々に、です。

 

単価1000円(税別)

販売店:イオン・イトーヨーカドー・東急ハンズの各主だった店舗、アマゾン、文教堂・八重洲ブックセンター・ゲームセンター・ホームセンター・小学校の夏工作

 

掛率やJANやカートン情報などはお問い合わせください。

 

 

 

 

今回のこの商品、いい仕上がりです。

作り手として、魂を込めることができて幸せです。

自信を持って自分の息子に買い与えることができます。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

※ちなみに井上には吉野家をおごって和解しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事の前編はこちらです。

つかめる水をつかんでみました 前篇

2016.05.19

 

「つかめる水」についての関連記事は、こちらもご覧ください。

「つかめる水」が作れる化学実験セット(触れる図鑑)

2016.03.07

 

 

【お取引ご希望の企業様のお問合せ先】
株式会社ライブエンタープライズ 雑貨事業部
03-5928-3109
ishioroshiya@fork.ocn.ne.jp
(業者様専用)

※OEMのお問い合わせもこちらへお願いいたします。

 

 

触れる図鑑のお買い上げはこちらで販売しています。

触れる図鑑のお取り扱いをご希望される企業さまはこちらからお求めください。(雑貨卸サイト)

 

※【雑貨卸屋からのお知らせ】:「つかめる水」先行受注について

雑貨卸屋での「つかめる水」卸発売については前受注分から出荷となります。
入荷数に限りがあるため、ご発注いただいた順番で順次ご案内いたしておりますので何卒ご了承お願いいたします。(2016/05/19)