子供向け、一眼VRビューワーのあるハコトリップ

こんにちは!
おおきです。

今回は、ハコトリップにラインナップしている一眼タイプのVRゴーグルについて少し説明をします。

子供とVRのこと・・・

 

VR元年といわれる今年ー

それに連動するように、

VRが、眼の成長期である幼少期の子供の目に負担がかかるということが、

知られるようになってきています。
そういえば・・・、

私の子供たちが小学生の頃、

3DSでゲームする時は立体機能を切って遊ばせていました。

 

立体画像の眼への負担がいわれていましたからね。
メーカーホームページにもありますが、

6歳以下のお子様へは、3DSでの3D映像を控え

2D映像への切り替えを注意喚起されていました。

 

これはVRも例外ではなく、

現状、一般的に視覚発達期でもある13才未満の子供が、

(12歳とするところもあります。)

2眼式のVRビューワーで映像を見ると斜視(※)になるリスクがあるとされています。

 

 

(※斜視とは)
斜視(しゃし)とは、片方の目は視線が正しく目標とする方向に向いているが、もう片方の目が内側や外側、あるいは上や下に向いている状態のことをいう。(引用元・Wikipedia)

 

 

 

 

一眼VRゴーグルの特徴

 

それでも、VR動画には子供たちにも魅力的な動画がたくさんあります。

あの、没入感や視界についてくる360度の動画。

 

あの感覚をできれば大人だけでなく、子供にも体験して欲しいと思うのです・・。

 
そこで、ハコトリップでは!

 

子供さんでもVRを楽しめるように、

一眼タイプのVRゴーグルを採用しています。

 

これは、一般的なVRビューワーで使われる2つのレンズで除く仕様ではなく、

両目で同じ視線で見れる一眼仕様のゴーグルです。

(※下記の写真参照ください。)

 

ハコトリップのVRゴーグル「一眼」と「二眼」があります

ハコトリップのVRゴーグル「一眼」と「二眼」

 

一眼では立体感はなくなりますが、

360度の視界で動画を見るということはしっかり楽しめます。

 

一眼はあくまで両目で同じ目線の物を見るので、

お子様が見ても眼への負担が軽減されるのが特徴かと思います。

 

また、「VR酔い」といわれる、

VR動画を見て乗り物酔いしたかのようになる現象、

これが出る人にも一眼は最適かと思います。

 

 

 

 

子供にも、VRの楽しさ体験させたい!

 

商品の企画中に、

うちの子に子供向けの動画コンテンツを見てもらう際、

一眼のこれがあることで親としても安心して

VRを見せることができたものです♪

 

 

できれば、個人的には子供の楽しみや可能性は極力大事にしたいので・・・、

3D画像の眼への負担をしっかり理解し、

最低限のルールが必要な理由を明確に伝え、

遊ぶ時は徹底的に遊んで楽しませています!

 

 

なんと言っても、楽しいですもんね、

DSもVRも(^_^)/

 

 

 

ハコトリップVRゴーグル、一眼、二眼の表のデザイン

ハコトリップVRゴーグル、一眼、二眼の表のデザイン(一眼タイプは動画のカテゴリに合わせ、子供さん好みにそれぞれのデザインを変えています。)

 

 

 

 

ハコトリップのVRゴーグルは2眼仕様と子供の目にも優しい1眼仕様があります。

ハコトリップの1眼VRゴーグルのラインナップ(全4種)

 

 

1眼タイプのVRゴーグル

★ハコトリップ1眼タイプ、全4種
恐竜体験
動物王国
海中探検
飛行・絶叫

 

 

 

 

 

ハコトリップについての関連記事

子供と恐竜のリアルVR体験!一眼VRヘッドセットで楽しむ!

2016.10.25

 

 

VRゴーグルハコトリップの卸、仕入取引ご希望の企業様はコチラ

 

【VRゴーグル、VRヘッドマウントの卸、仕入販売についてお問合せ先】
株式会社ライブエンタープライズ 雑貨事業部
03-5928-3109
ishioroshiya@fork.ocn.ne.jp

 

(※メディア広報関係者のお問い合わせもこちらからお願いします。)