子供から教えてもらう嬉しさ(プラネタリウムにて)

O部長の息子さん、スポーツも大好き、料理もこの間楽しんだりと、得意なものが沢山。

そんな息子さん、実は天体も大好きだった、というお話。

何気なく、休みの日にどこに行きたい?とお子さんに聞いたら、「プラネタリウム見に行きたい!」と言うので、へぇ〜興味あるんだ〜…と連れて行ったら、プラネタリウムの夜空を見ながら、「あれはね…!」「あっちの星はね…!」と沢山教えられたとのこと。

O部長、息子さんが天体好きなのは知らなかったらしく、
「コイツ…!いつの間に勉強してたんだ!ていうくらい沢山教えられちゃってさ…!」

とビックリ。

大人という立場上、「子供に教える」という構図は多いですし、子供の何気ない行動に「ハッ!」と教えられることも多いと思うのですが

確かに、子供が「大人」と言われる年齢になる前までは、学問的なことで子供から教わるっていう機会は少ないかも。小さい頃は特に。

「いや〜ちょっと悔しかったなぁ…」

と言いながら、でも嬉しそうなO部長が印象的でした。^_^

親も子も!お互い、切磋琢磨して成長するもんですね!^_^

 

 

こんなのあったら面白い!というご意見あれば、ぜひお待ちしてます!(o^^o)

【※色んな意見、いつでもお待ちしてます!】

e-mail:ishioroshiya@fork.ocn.ne.jp

触れる図鑑のお買い上げはこちらで販売しています